同伴避難。

c0078428_12274974.jpg

同伴避難
(児玉小枝・著 日本出版社)

先の原発事故で飼い犬・猫と共に避難した家族を取材した一冊。
福島の原発が4つ廃止になっても、日本にはまだ50基も原発あるのよね、明日は我が身よね、と思い購入しました。万が一の時の参考になると思いまして。まだ読んでないけど(爆)

日本に住んでいる以上、地震は避けられないしね。
人名優先とは言え、あれほどの震災の後でも、やっぱり避難所に犬猫を入れるのは文句が出たらしい。あんな非常事態にそんなこと言うなんて小さい奴だ!!と思うけど、犬猫嫌いな人も世の中にはいっぱいいっぱい。


c0078428_12395151.jpg

c0078428_12401735.jpg


↑何があっても絶対に一緒だよ、置いていかないでね☆

…ではなく、私の昼御飯を「チョーダイ!!」と要求してるトロクラ。かわうぃー。


emoticon-0157-sun.gif


ここ数日、首都直下型の大地震のシュミレートの番組をよく見ます。実際に起きたら、本当に恐ろしいな~と思います。
自分が地震発生時、どこにいるか、家の中なのか、電車内なのか、地下鉄構内か、高速を運転中か(これ、一番恐怖です)、デパートか…。

だけども、可能性を頭の中で一回シュミレートして、対策立てて、そしてそれが済んだらあとはいつも通りに生活する!必要以上に不安がっても良い事ないしねっ。ある程度の備えもしておけば、尚良いかしらん。うちマンションなので、断水した時用に非常時用簡易トイレなるものを購入しました。

c0078428_1256174.jpg


とにかく地震が避けられないのだから、せめて犬たちと一緒にいる時に起きて欲しいなあ、と勝手なことを思ってしまいます。

旦那は…大人だから自分で何とかするであろう(笑) とにかく彼には「下手に動くな。校舎の中にいろ。生きてこそ、だぞ。」と男らしく言い聞かせてあるので、大丈夫だと思うの、オホホ。
私はトロクラの事で手一杯であろうと思うので。
[PR]
by toro-sa | 2012-04-20 12:24 | その他
<< 続き。 狂犬病予防接種 >>